だるまさん

  • 2016.02.17 Wednesday
  • 00:52
春一番が吹いたと思えば、雪がうっすら積もってみたり、なんだか妙な陽気ですねぇ。

こうしてあたたかくなったり、寒さをぶり返したりしながら、少しずつ春へと向かっているんですよね。

出かけるときに羽織るものも、冬の寒さを意識するのか、春のあたたかさを意識するのか迷うところです。
日中はあたたかくても、日が落ちると寒さが厳しかったりしますもんねぇ。

気温の変化がはげしくなると、カゼやらインフルエンザあたりが流行りそうですから、体調管理には気をつけたいものです。



先日、友人たちと箱根神社と九頭龍神社へとお参りに行ってきました。
箱根と言ったら温泉なわたくしですが、今回は温泉なしの神社詣でです。

まずは九頭龍神社の本宮へ…。
プリンス箱根ホテルの駐車場から、芦ノ湖畔の林道をてくてく歩いて、約30分。
あたたかい日射しの中、「ドーン、ドーン」と時折り響く自衛隊の演習音を耳にしながらの散歩みちが、のどかな休日って感じでいいんですが、神社のある九頭龍の森に入ると、また格別な雰囲気でした。

静謐って言うんですかねぇ。
すごく静かで、空気が澄んでいて、心地良いんですねぇ。
それまでの林道で吹きつけていた風も、やんだような気がして。
とても穏やかで印象的なところでした。

もう一方の箱根神社は、沢山の人でにぎわっていました。
敷地内には、九頭龍神社の新宮もありまして、手軽に両社参りができるようにもなっています。
古くは、頼朝公や家康公も参拝したとかなんとか…。



ここで引いたおみくじからは、達磨が出てきました。
七転八起で人に「忍耐」と「人望」と「福徳」の三徳を与える開運のお守り…だそうです。

年始に今年のテーマを「歩」と決めましたから、つまずいたり、転んだりすることもあるだろうけれど、そのたびに立ち上がって、歩いていこうかなぁ〜と。

「魚心あれば水心」
ちゃくちゃくと準備も進み、本番まであと10日あまり。
はりきって稽古にはげんでますよー。
ぜひ、遊びに来てくださいね♪

エビ。



以下詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(劇)どうよう水産
「魚心あれば水心」作・演出:道用具視
2016年2月26日(金)〜3月1日(火)@西日暮里キーノートシアター
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里1-1-1パレスいしかわB1F
※「すき家」が目印
京成本線:新三河島駅(徒歩2分)
東京メトロ千代田線:町屋駅(徒歩7分)
JR:西日暮里駅(徒歩13分)、三河島駅(徒歩6分)

<チケット料金(全席自由)>
前売り・当日ともに 3000
※お求めは、各関係者にお問い合わせください。

<TIME TABLE>
2月26日(金)19:30〜
2月27日(土)15:00〜/19:30〜
2月28日(日)15:00〜/19:30〜
2月29日(月)19:30〜
3月1日(火)15:00〜
※受付開始・開場は、開演の30分前からとなります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お魚劇団第2弾!!
信じてもらいたい!話しを聞いてもらいたい!
今回も魚のことわざから話しを広げた舞台公演!
田舎町の小さいおでん屋から繰り広げられる人間模様!
相手の出方で自分も変わる・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<出演>
海老沢英紀
橘美樹
道用具視
本間亜矢子
村津和也
柳澤果那
山田昌

<スタッフ>
照明:田向澄男
音響:三木大樹
小道具:小杉友子
制作:岡本朋子
舞台監督:鹿島樹
チラシデザイン:茶柱みかん

FBお知らせページはコチラ→(劇)どうよう水産「魚心あれば水心」エビ沢お知らせページ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM