復興の歩み

  • 2019.05.20 Monday
  • 01:20


先日、宮城県石巻市渡波町にある、伊去波夜和氣命神社からお礼状が届きました。

東日本大震災が起きた2011年にお手伝いをさせてもらってから、何度か足を運んだこの神社で、津波で折れてしまった鳥居の再建にあたって、クラウドファンディングで寄付を募っていたので参加したんですね。

手紙とともに添えられた写真の中には、参道で訪れる人々を温かく迎えてくれる大きな朱の鳥居が、青空の下よく映えています。

たくさんの友人たちと出会う機会をくれたこの神社。
あれから毎年のように参加していた五月五日のお祭りでは、その友人たちと再会するのが何よりの楽しみでした。
私は行けませんでしたが、今年のお祭りでは、4基のお神輿がこの再建された鳥居をくぐる姿が見られたそうです。

月日が流れ、少しずつ自分を取り巻く環境も変わって、気軽に足を運ぶことができなくはなりましたけど、チャンスさえあればいつだって行きたいと思っています。
それまでは、自分のやりたいこと、やるべきことをしっかりとやって、日々を大切に過ごしていようと、改めて思うんですね。
そうでないと、復興の歩みを着実に進めている皆さんに、恥ずかしいですから。

エビ。
〜〜〜〜〜
ブラッシュアップレッスン、芸能レッスン生徒さん募集中です。
自由が丘 ラリュ

・プライベート空間で自分磨き「ラリュ ブラッシュアップレッスン
・あなたの芸能活動をサポート「ラリュ 芸能レッスン

お気軽にお問い合わせくださいね。
★お問い合わせメールはこちら⇨aloha.koubou.mail@gmail.com

10連休はさすがに…

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 12:40


終わりましたね、ゴールデンウィーク。
一昔前は「働きすぎの日本人」なんてよく言われてましたけど、普段は人で溢れている東京駅周辺も連休初日には閑散としてたそうですし、たくさんの方が連休を満喫したんでしょうねぇ。

それにしても10連休って、さすがに長すぎますよねぇ。
何が日常だかわからなくなるほどに長すぎる連休で、心も体もすっかりなまってしまって、もう五月病まっしぐらな感じです。

まだうっすらと連休気分を引きずっているようなところもありはしますが、いつまでも休んでいるわけにもいきません。
石油王じゃあるまいし、メシを食うには働かないとね。

好きなことや、楽しい事ばかりじゃないんだけど、それでもやっぱり働ける、仕事があるってのはありがたいことだ…。
と、自分に言い聞かせて、今日もはりきって行ってきまーす♪

エビ。
〜〜〜〜〜
ブラッシュアップレッスン、芸能レッスン生徒さん募集中です。
自由が丘 ラリュ

・プライベート空間で自分磨き「ラリュ ブラッシュアップレッスン
・あなたの芸能活動をサポート「ラリュ 芸能レッスン

お気軽にお問い合わせくださいね。
★お問い合わせメールはこちら⇨aloha.koubou.mail@gmail.com

演技レッスンについて

  • 2019.01.10 Thursday
  • 20:40
昨年より行っている演技レッスンについて、興味を持ってくれる方もいらっしゃいましたので、ご案内します。
以下のように行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

〜〜〜〜〜
あなたに寄り添う演技レッスン

パーソナルな空間で演技レッスンを行います。

あなたの「やりたい」を後押しできるように、
「こんなことがやりたい…」
「ここを改善したい…」
など、ご希望に応えられるように進めます。

対象:
経験者から未経験者まで、特に制限はありません。
すでにやっている方、これから始める方や、始めようと思っている方、ちょっとだけ覗いてみたい方まで、それぞれの方に合った内容で行います。
年齢にも制限はありません。

内容:
・カウンセリング(何に悩んでいるか?改善したいところなど、ご希望、目的を明確にします)
・あなたの魅力の伸ばし方(長所と短所を武器にしましょう)
・仕草の活用
・声の届け方


料金:
1回1時間5000円

「とにかくやってみる」が、基本方針です。
あれこれ考えて足踏みしているよりも、まずシーンを演じてみて、そこから伸ばしたいポイントや改善したいポイントを探します。
パーソナル空間ですので、どんどんチャレンジしていただきたいと思います。
時には失敗することもあるでしょうが、そんな時こそ「できたこと」にフォーカスしていきましょう。

レッスンを受けた方が、演じることを楽しめるようにサポートします。

〜〜〜〜〜
また、現役の女性モデルによる、表情&ポージングレッスンも紹介することができます。
「宣材写真を撮りたいんだよなぁ」とか「撮り直したいなぁ」と言った方はもちろん、
顔の細かい筋肉を使うこととか、綺麗な姿勢を保つことなど、演技にも活用できることがたくさんありますので、気になった方はぜひお問い合わせください。


海老澤英紀
★お問い合わせメールはこちら⇨aloha.koubou.mail@gmail.com

44

  • 2019.01.10 Thursday
  • 00:00


44歳になりました。
44と言えば、「ダーティハリー」、「44マグナム」な世代の私ですが、特別感慨深くも何ともなく、誰かに年齢を尋ねられたら、「44歳です」と答えるようになりました。

他に何か変わったかと言うと、更新期間を迎えた運転免許証ぐらいですかねぇ。
暗証番号の登録が必要だったり、何だか色々と変わっていました。
ただ、誰かにICチップがついた免許証を見せてもらったような記憶があるんですけどね。
新しいものには特にそんなようなものが付いてないんだけど…、まぁいいか。

ちなみに、ダーティハリー第1作の撮影開始時、クリント・イーストウッドは40歳(撮影中に41歳?)だったそうですね。
あんな渋みは、とても出ませんが、自分なりには歳を重ねていこうと思います。

44歳、とりあえずは元気でやっていこうと思います。

エビ。

2019年もよろしくお願いします

  • 2019.01.03 Thursday
  • 21:47


新年おめでとうございます。

お正月いかがお過ごしでしょうか?

私、なんだかぼんやりゴロゴロと過ごしていまして、「あっと言う間に三が日も終わりだなぁ」と感じています。
大掃除したり、お雑煮を作ったりしているうちは、あくせくと動いてもいたんですが、まぁこんなもんです。



さて、今年一年のテーマは「伝」です。
今年は、昨年から始めているレッスンをより展開することが目標ですから、自分の経験を「伝える」こと、その人が持つ魅力を「伝える」こと。
そういった「伝える」ということを、より具体的に、よりわかりやすく、日々変化しながら質を高めていこうと思います。

詳細はまたお知らせしますので、しばらくお待ちくださいね。

今年もよろしくお願いします。

エビ。

年末は「円盤屋ジョニー」を♪

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 12:15


すっかりご無沙汰しているうちに、秋真っ盛りですね。
ぼちぼち冬の足音なんかも聞こえてくる頃でしょうか。

さて、今年は年末にも舞台に立つことになりました。
ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン「円盤屋ジョニー」
前回の「デイドリーム・ビリーバー」に引き続き、3年前にブルーヒップスでもやった作品です。

もう3年経ったんですよねぇ。

なんだか懐かしい円盤屋ジョニー。
前回とはラインナップを変えてお届けします。

・晩秋に吠えろ
・円盤屋ジョニー
・父を叩く

の、3作品。

年末の忙しい時期ですが、観劇納めに上野まで遊びに来てくださいね。

エビ。



以下詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン 6thジグ
円盤屋ジョニー』 作・演出 堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)


12/19(水)〜25(火)@上野ストアハウス
〒110-0014 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1

<TIME TABLE>
12/19(水)19:00〜
12/20(木)19:00〜
12/21(金)★14:00〜、19:00〜
12/22(土)13:00〜、17:00〜
12/23(日)12:00〜、16:00〜
12/24(祝)12:00〜、16:00〜
12/25(火)★14:00〜

受付・ロビー開場:開演60分前
劇場内へのご案内:開演30分前

<チケット料金>
前売:3500
当日:4000
25歳以下:2500(年齢の分かる身分証のご提示をお願いすることがあります。)
★:平日昼料金:3000(前売りのみ適用。)

※チケット予約は公式サイトまたは、各関係者よりお問い合わせ、お求めください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
#1「晩秋に吠えろ」
テニスサークル「のんびりスマッシュ」のメンバーは、冴えない男連中ばかり。隣コートのテニス教室に通ってくる若い女の子たちに声をかける勇気もない。しかしある日メンバーの1人が、遂に行動を起こした!

糸原舞  小林知未  竹本かすみ  津田修平  青山真利子  小林和也  須田千珠子  小門真也  川鍋知記  奈良正明
〜〜〜〜〜
#2「円盤屋ジョニー」
クリスマスを一緒に過ごそうと南の島にやってきたカップル。街中で彼女とはぐれてしまった男は、円盤屋という名のバーに案内された。怪しげなダンスフロアにLPレコードがかかるその店に、今度は檸檬屋なるヤクザの一味が現れて・・

磯崎美穂  小森敬仁  柏尾志保  小泉匠久  梅原晶太  万代竜一  谷奈央子  田中寅雄  小川諒
〜〜〜〜〜
#3「父を叩く」

地方のとある総合病院。外科病棟の一室に入院した余命短い磯田政男のもとに、知らせを聞いた息子の守が駆けつける。東京で小さな劇団に所属している役者の守には、公演直前という事情があったのだが・・

平野尚美  大谷典之  堀江あや子  井川花林  長井将孝  猫田にき  海老澤英紀  習志野大吾  山岡三四郎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うずくまる

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 20:12


陶芸作品の中には「うずくまる」という種類の小壺(花器に用いるとか)があるそうです。
人がうずくまっている姿に見える事からこの呼び名がついたんだそうですが、そんな風には見えなかったりもします。

人もまた、傍目にはわからない色々なことを抱えていたりしますよね。
笑ってはいるんだけど実は、落ち込んでいたり、悲しんでいたり、苦しんでいたり…。
元気なように見えて実は、ギリギリのところで踏ん張っていたり…。

身近な人が、人生の節目でつまずいて、落ち込んだり、うずくまっている時、どうすればいいんでしょうねぇ。
決まりきった答えなんてのはないんだけど、相手なり、自分なりの接し方みたいなものはあるでしょうか。
支えるとか手助けするとかにはいかないまでも、せめて困っている友人が助けを求めて手を伸ばした時に、その手がすぐに届くくらいのところには居られたらいいなぁ〜とは思います。
「まぁ、その辺にいるから気が向いたら声かけてよ」
てな具合に。


ジグジグ「デイドリームビリーバー」集中稽古に入りました。
1週間後には♢チーム初日の幕が開けます。
我々♥チームもはりきって稽古してますよ〜。
ぜひ遊びに来てくださいね。

以下詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン 5thジグ
デイドリームビリーバー』 
作・演出 堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)

8/1(水)〜7(火)@上野ストアハウス
〒110-0014 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1

<TIME TABLE>
8/1(水)♢19:00〜
8/2(木)♥19:00〜
8/3(金)♢★14:00〜、♥19:00〜
8/4(土)♢13:00〜、♥17:00〜
8/5(日)♥12:00〜、♢16:00〜
8/6(月)♢19:00〜
8/7(火)♥★14:00〜

受付・ロビー開場:開演60分前
劇場内へのご案内:開演30分前

<出演>※本公演は一部ダブルキャストです。
♢:平野尚美、糸原舞、藤岡悠芙子、箆津弘順、磯崎美穂、津田修平、野崎保、柏尾志保、三枝翠、河原雅幸、原啓太
♥:山田真由子、堀江あや子、小林知未、金田あつ実、天笠有紀、中山まりあ、小川諒、こいしゆうき、上松コナン、江原パジャマ、海老澤英紀
共通:山岡三四郎、梅原昌太

<チケット料金>
前売:3500
当日:4000
25歳以下:2500(年齢の分かる身分証のご提示をお願いすることがあります)
★:平日昼料金:3000(前売りのみ)

※チケット予約は公式サイトからまたは、各関係者にお問い合わせください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
十年に一度という大型台風に襲われた田舎町。
窯が土砂の下に埋もれてしまった陶工房を復興させようと、近隣の人々が立ち上がった。
その動きを察知した商工会は、陶工房を新しい町おこしの目玉にしようと企てる。
そして東京から、得体の知れないミュージシャンが、被災地の人々を勇気づけたいと押しかける。
様々な人々の思惑が絡み合い、「復興」は、ぐねぐね、とぼとぼ、ごちゃごちゃ、ねちょねちょしたものになっていく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

無駄な時間

  • 2018.07.12 Thursday
  • 19:18


なんだか久しぶりに、鉛筆を削ってみました。
鉛筆削りは使わないでカッターナイフで削ったんですが、まぁ、やっぱりうまく削れませんねぇ。
不揃いで不格好になってしまいました。

小さい頃は、母親に削ってもらっていて、
小学校の中学年くらいからは、見よう見まねで自分で削るようになって、
それがいつしかシャープペンシルになって。。。

そんな具合に少しずつ「鉛筆を削る」ってことをしなくなったなぁ。


12本の色鉛筆。

1本1本手で削る作業は、まぁ面倒なんですけどね。
日常の中に、そんなのんびりとした時間を持ってみるのも悪くはないかなと。

何かと便利な今の世の中、「できるだけ無駄を省いて効率よく」って具合にせかせかすることもあるんだけれども、
時々くらいには、ふと立ち止まって無駄な時間をわざと過ごしてみる…。

「必要無駄」なんて言葉もありますから。


こどもの頃は、落書きするのによく使ってた色鉛筆。
大体使うのは、青、水色、赤、黄色、緑、ぐらいなもんで、他の色はいつまでも使わないまんまだったなぁ。
で、年を重ねて今、あの頃は見向きもしなかった色たちにこそ目が行くようになった自分もいたりして。
それぞれの色にそれぞれの特徴があって、それを活かす場は必ずあるんだもの。

不格好ではあるけれど、まぁ、オレらしくていいじゃないか。
なんてね。

エビ。


ジグジグ「デイドリームビリーバー」まで、あと3週間。
はりきって稽古してますよ〜。
ぜひ遊びに来てくださいね。

以下詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン 5thジグ
デイドリームビリーバー』 
作・演出 堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)

8/1(水)〜7(火)@上野ストアハウス
〒110-0014 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1

<TIME TABLE>
8/1(水)♢19:00〜
8/2(木)♥19:00〜
8/3(金)♢★14:00〜、♥19:00〜
8/4(土)♢13:00〜、♥17:00〜
8/5(日)♥12:00〜、♢16:00〜
8/6(月)♢19:00〜
8/7(火)♥★14:00〜

受付・ロビー開場:開演60分前
劇場内へのご案内:開演30分前

<出演>※本公演は一部ダブルキャストです。
♢:平野尚美、糸原舞、藤岡悠芙子、箆津弘順、磯崎美穂、津田修平、野崎保、柏尾志保、三枝翠、河原雅幸、原啓太
♥:山田真由子、堀江あや子、小林知未、金田あつ実、天笠有紀、中山まりあ、小川諒、こいしゆうき、上松コナン、江原パジャマ、海老澤英紀
共通:山岡三四郎、梅原昌太

<チケット料金>
前売:3500
当日:4000
25歳以下:2500(年齢の分かる身分証のご提示をお願いすることがあります)
★:平日昼料金:3000(前売りのみ)

※チケット予約は公式サイトからまたは、各関係者にお問い合わせください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
十年に一度という大型台風に襲われた田舎町。
窯が土砂の下に埋もれてしまった陶工房を復興させようと、近隣の人々が立ち上がった。
その動きを察知した商工会は、陶工房を新しい町おこしの目玉にしようと企てる。
そして東京から、得体の知れないミュージシャンが、被災地の人々を勇気づけたいと押しかける。
様々な人々の思惑が絡み合い、「復興」は、ぐねぐね、とぼとぼ、ごちゃごちゃ、ねちょねちょしたものになっていく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「デイドリーム・ビリーバー」再び

  • 2018.06.15 Friday
  • 16:00


ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン
5thジグ「デイドリームビリーバー」に出演します。

昨年は、ジグジグ「ビートバン・ゴー!ゴー!」だけでしたが、今年はこれで3本目。
まぁ、売れてる方々と比べたらなんてこたぁない数ですが、それでもお声がけいただけるってのは、幸せなことです。


この作品は、台風被害にあったとある田舎町の陶芸工房が舞台になっています。
災害からの復興と支援、物事の継続と変化、人と人とのつながり、家族…。
作品を通して漂う「ぬくもり」が、とても好もしい作品です。

今回は、3年前にやった時とは違う役で参加します。
月日が経って、3年ぶりのこの作品に、今の自分がどういられるのか…。
ちょっとワクワクしながら、稽古に励んでいます。


なんだかスッキリしない空模様が続きはしますが、まぁ「恵みの雨」なんて風にも言いますしね。
その日その日の良さなんてものをたのしみながら、過ごしていこうかなぁ〜と。

エビ。


以下詳細です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン 5thジグ
デイドリームビリーバー』 作・演出 堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)


8/1(水)〜7(火)@上野ストアハウス
〒110-0014 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1

<TIME TABLE>
8/1(水)♢19:00〜
8/2(木)♥19:00〜
8/3(金)♢★14:00〜、♥19:00〜
8/4(土)♢13:00〜、♥17:00〜
8/5(日)♥12:00〜、♢16:00〜
8/6(月)♢19:00〜
8/7(火)♥★14:00〜

受付・ロビー開場:開演60分前
劇場内へのご案内:開演30分前

<出演>※本公演は一部ダブルキャストです。
♢:平野尚美、糸原舞、藤岡悠芙子、箆津弘順、磯崎美穂、津田修平、野崎保、柏尾志保、三枝翠、河原雅幸、原啓太
♥:山田真由子、堀江あや子、小林知未、金田あつ実、天笠有紀、中山まりあ、小川諒、こいしゆうき、上松コナン、江原パジャマ、海老澤英紀
共通:山岡三四郎、梅原昌太

<チケット料金>
前売:3500
当日:4000
25歳以下:2500(年齢の分かる身分証のご提示をお願いすることがあります。)
★:平日昼料金:3000(前売りのみ適用。)

※チケット予約は公式サイトからまたは、各関係者にお問い合わせください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
十年に一度という大型台風に襲われた田舎町。
窯が土砂の下に埋もれてしまった陶工房を復興させようと、近隣の人々が立ち上がった。
その動きを察知した商工会は、陶工房を新しい町おこしの目玉にしようと企てる。
そして東京から、得体の知れないミュージシャンが、被災地の人々を勇気づけたいと押しかける。
様々な人々の思惑が絡み合い、「復興」は、ぐねぐね、とぼとぼ、ごちゃごちゃ、ねちょねちょしたものになっていく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3年ぶりの石巻

  • 2018.05.06 Sunday
  • 14:25


石巻市渡波町にある伊去波夜和氣命神社(大宮神社/明神社)で、毎年5月5日におこなわれるお祭りへ行ってきました。

東日本大震災のあった2011年。
GWの連休を利用して「何かお手伝いできたら…」と、ボランティア団体のバスに乗って訪れてから、何かと通ったこの神社。

ここからの縁でつながった人たちと再会して、「元気でやってるかい?」「元気だよ♪」と、顔を合わせて笑い合う。
そんな、たまらない時間を過ごしに毎年通っていたんですね。

一昨年は、熊本へ行ったため不参加。
昨年は、家族の事情で不参加。
というわけで、3年ぶりになりましたが、今年は参加することができました。



年を経るごとに、少しずつ顔ぶれも変わって、会えない人もいれば、初めましての人もいる。
新しい家族が増えていたり、大きくなっていたり、大人になっていたり。
頻繁には会えないんだけれど、だからこそそれぞれの変化が大きく感じられて、いいんですよねぇ。
もちろん顔なじみとの再会は、何よりのご褒美だったりもして。

3年ぶりの祭りは、子ども神輿に集まる子たちがすごく増えていたのが、印象的でした♪



また来年、会えるといいなぁ。

エビ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM